Mari: 選択したジオメトリにペイントする方法

例えば、複数のジオメトリをMARIに読み込んだとき、Objectsパレットで選択しているジオメトリのみにペイントしたい場合はどのようにすればよいでしょうか。

今回はマスクを作らずにペイント範囲を固定するいくつかの選択肢を紹介致します。

mari_paint_selected_areas

Read more “Mari: 選択したジオメトリにペイントする方法”

NUKE STUDIO Timeline Soft Effects

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-20-34-39

NUKE STUDIOのタイムラインでSoft Effectsと呼ばれるGPUベースのリアルタイムエフェクトを追加できます。
Soft Effectsはシーケンス全体やシーケンス上の個々のクリップに対する調整やメタデータのバーンインのために使用できます。タイムライン上のそれぞれのエレメントのバランスを見ながら連続性が必要な調整をおこなったり、仮合成のために利用する事もできます。
また、ソースクリップの属性としてSoftEffectsをあらかじめ設定しておく事も可能です。

Read more “NUKE STUDIO Timeline Soft Effects”

NUKE カスタムのLUTをビューアに対して適用する方法

こちらの記事では、NUKEのViewer上で画像を表示する際に任意のLUTを適用する方法について、紹介致します。

01_viewerlut

この機能を使用することで、NUKE内で最終出力先の色空間で画像を表示することが可能になります。

Read more “NUKE カスタムのLUTをビューアに対して適用する方法”

MARI: Ambient Occlusionの計算

Mariは読み込んだオブジェクトのアンビエントオクルージョン(AO)を自動的に計算しません。
これは、複雑なオブジェクトほどAOの計算に時間がかかることと、マスクやシェーディングを使用しない限りAOは必要ではないからです。

計算したAOは、Projectionパレットのマスクや、Ambient Occlusionプロシージャルレイヤー、シェーダーなどで使用することができます。

Read more “MARI: Ambient Occlusionの計算”

CARA VR 1.0v3がリリースされました。

caravr_emailheader_vrplayhouse-01_2x

CARA VR 1.0v3 がリリースされ、ダウンロードが可能になったことを発表致します。今回のバージョンには、CARA VR for NUKE の新機能の追加、修正や改善が施されています。

Read more “CARA VR 1.0v3がリリースされました。”

NUKE 10.0v5 がリリースされました。

nukeheader_600

The Foundry社より、NUKE 10.0v5がリリースされました。

このバージョンには、NUKE, NUKEX, NUKE STUDIO, HIRO & HIEROPLAYER のいくつかの機能改善と不具合の修正が含まれております。

改善についてのすべての詳細につきましては、リリースノート(英語PDF)をご覧ください。

NUKE STUDIO Viewer A/Bツール

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-21-30-38

NUKE STUDIOのViewerには2つのイメージを比較するのに便利なViewer A/Bツールがあります。この機能を利用すると2つの入力バッファを使用してメディアを素早く比較できます。同一シーケンス上の2つのトラック、例えばオフラインとコンフォーム済みトラックを比較したり、別々のクリップを比較する事ができます。

Read more “NUKE STUDIO Viewer A/Bツール”

mGoのインストール方法

Mari 3.1のバージョンから、Mayaとの相互運用性を向上するために新しいmGoシステムが導入されました。mGoを使用することで、MariとMayaのアプリケーション間においてデータのやり取りがしやすくなります。

mgo_mayaui

弊社ではまだ検証中ですが、今回はmGoのインストール方法を紹介いたします。

Read more “mGoのインストール方法”