Nuke 12 がリリースされました!

NUKE 12 のリリースが、発表されましたのでご案内致します。タイムライン再生エンジンを大幅に改善し、よりインタラクティブなユーザーエクスペリエンスを提供します。また、360°動画用の新しいGPU加速型ノードとプラグインを搭載しました!

 

Read more “Nuke 12 がリリースされました!”

KATANA 3.2 新機能紹介

 

マテリアルUIの刷新

KATANA3.2の最も大きな変更点はマテリアルユーザーインターフェースの刷新です。

 

 

新しいUIでネットワークマテリアルを組む際には、このように新しく搭載されたNetworkMaterialCreateノードを使用することになります。

 

 

このノードの+ボタンをクリックすると、フォルダの中の階層に入って行くというイメージですね。

その中の階層では、このような横に接続していくタイプのUIに変更されました。

 

 

旧来のUIでは、ノードグラフの同じ階層で、このような状態でネットワークマテリアルを組んでいたわけです。

この場合、1つのノードから別のノードへ複数の接続が行われても、UI上で判別することができませんでしたが、

 

 

新しい横向きUIでは、MayaやMaxと同じように左から右へのワークフローが可能になり、それぞれの接続点が明確に判別できるようになっています。

これはとてもありがたい変更ですね。

 

 

3DeLight NSI 1.5

また3DeLightも新しいバージョンNSI 1.5にアップデートされています。

複数のカメラからの同時にレンダリングやできるようになり、NSI専用のレンダーウインドウがより使いやすくなりました。

 

 

SSSはArnoldがすでに搭載しているランダムウォークメソッドを使用するように改善されました。

 

 

シーンのエクスポートがマルチスレッド化され、時間が30%から400%改善されました。

 

インスタンスおよびVDBボリュームのレンダリングメモリフットプリントが最大8倍改善されました。

 

 

USD19.5

HydraビューポートがUSD19.5にアップグレードしました。
これによりHydraレンダーデリゲートシステムを使用することができ、今後様々なリアルタイムレンダリングがビューポート上で使用できるようになります。

 

より高速で直感的なマテリアル作成UXを備えたKATANA 3.2 がリリースされました。

2019年8月29日 – デジタルデザイン、メディアおよびエンターテインメント業界向けのクリエイティブなソフトウェアのリーディングディベロッパーであるFoundry社より、Katana 3.2 がリリースされました。

新しいKatanaリリースは、アーティストにフォーカスしたより高速なワークフローを備えたマテリアルノードグラフUIを紹介します。3Delight NSIでは、複数のカメラから同時にレンダリングが可能になり、スピードが向上し、必要なメモリが削減されました。KatanaはUSD 19.05にアップグレードされ、Hydraレンダーデリゲートシステムを使う能力が導入されました。

 

Katana 3.2 に含まれるハイライト

  • Material Node Graph Systemの向上:
    Katanaのパワフルなシェーディングアーキテクチャ上部の新しいUI。ノードは、必要に応じて実行可能な接続を全て表示するようになり、左から右へのワークフローで公開可能になりました。新しいShading Groupノードは、複雑なネットワークをきれいに整理することができ、効率的に自己完結できるウィジェットになります。

  • 3Delight NSI 1.5 シリーズのアップデート:
    複数のカメラから同時にレンダリングが可能になったので、環境のルックにベストな選択肢をより簡単に判断することができます。一般的なRandom Walkメソッドを使用できるようにSSSが改善されました。3Delightレンダリングプラグインはデフォルトではマルチスレッド化され、シーンのエクスポート時間が30%から400%改善され、インスタンスおよびVDB Volumeレンダリングメモリフットプリントは最大8倍改善されました。

  • USD HydraをUSD 19.05 にアップグレード:
    Foundry社のUSDへの継続的な取り組みの一環として、Hydra搭載のビューポートをUSD19.05へアップグレードしました。これにより、Hydraレンダーデリゲートシステムを使用する機能が導入されます。

Foundry社グループ・プロダクト・マネジャー、Jordan Thistlewood氏のコメント:「過去7年間にわたり、Katanaは世界でも最も困難なCG制作で使用されてきました。Katana 3.2 は、最高のものを提供するには絶え間ない技術革新が必要であるという弊社の信念を表現しています。新しいマテリアル作成UXは、ルック開発およびショット制作中のマテリアルの作成および管理のための業界最高のアーキテクチャであったものの上部に構築されます。我々は新しいUIとワークフローでアーティストエクスペリエンスを強化し、今後の数年間、Katanaのルック開発エクスペリエンスを革新させるでしょう」。

Worldwide FX社ライティングアーティスト、Ivaylo Petrov氏のコメント:「Katanaを使用することで、弊社の一部のアーティストの1日平均ショット数が20だったのが45ショットになり、そのうちの約40ショットがファイナルになりました。これは、弊社の社員数はたった5人であると聞いたあなたが考えるよりも数倍多くの仕事をWorldwide FXが出力できる方法の1つです」。

Katana 3.2 の全機能リストは、こちら(英語)からご覧いただけます。Katana 3.2 のお見積もり・お問い合わせは、こちらまでご連絡ください。

次期macOS Catalina 10.15との互換性について

macOSユーザーへの重要なお知らせ

Foundry社の大切なお客様に、来月下旬にリリース見込みのmacOS Catalina (10.15)におけるFoundry社製品の互換性に関連する重要な情報をお知らせいたします。

Apple社が新バージョンのmacOS上で動作する全てのアプリケーションに対する署名要件の厳格化を発表したことをご存知かと思います。弊社はこれらの新しい要件に合致するべく措置を講じており、非互換性については、macOS Catalinaのリリース後に弊社製品の今後のバージョンで対処する予定ですので、ご安心ください。

影響がある製品:

  • Colorway
  • Flix
  • Mari
  • Modo
  • Nuke Family*
  • Nuke製品群

macOS Catalinaへアップグレードされますと、弊社製品の旧バージョンは開けなくなってしまいますので、ユーザーの皆様には現在対応済のmacOSバージョンのままご使用いただくことをお勧めいたします。ご不便をお詫び申し上げますとともに、新しい情報が入り次第ご案内申し上げます。

* Apple社は、NukeがいくつかのQuickTimeコーデックに対応するために依存しているQuickTime Helperを含む32ビットアプリケーションに対するサポートも削除しました。これにより、残念ながらmacOS Catalina上ではNukeの全バージョンは動作不能になってしまいます。この場合は、お客様にはアップグレードされないようお勧めいたします。

Nuke & Hiero 11.3v4 リリースノート

リリース日
2019年5月2日

 

認定オペレーティングシステム

  • macOS High Sierra (10.13) または macOS Mojave (10.14)
  • Windows 7 または Windows 10 (64-bit)
  • CentOS 6 または CentOS 7 (64-bit)

他のオペレーティングシステムでも動作可能ですが、テストは十分に実施されていません。
Read more “Nuke & Hiero 11.3v4 リリースノート”

Eddy for Nuke 2.3.0 がリリースされました

新機能

  • バウンディングボックスを階層的に精密に、または粗くするためのE_CreateGridBoundsノードを追加。
  • フィールドサンプリング基準を通して個々のバウンドを取り除くE_PruneBoundsノードを追加。
  • チャネルをChannelSetに結合させることができるE_ChannelSetを追加(例えばキャッシュへの書き込み)。
  • E_SunSkyがオゾン吸収に対応。太陽が低いとより青い空を表現します。
  • E_SunSkyのパフォーマンスを向上。
  • ビューアツールバーに[Reset]ボタン、エレメントに[Reset Tree]ボタンを追加。

バグ修正

  • 上流ノードの描画が評価問題の原因となっていた不具合を修正。
  • Viewerプロキシ解像度をE_Imageノードと組み合わせて使用した際に発生していた不具合を修正。
  • CUDAバージョン確認を修正。
  • CameraTrackerノードによってログ出力が無効となっていた不具合を修正。
  • キャッシュノードの実行問題を修正。
  • 元に戻す操作ができなかった不具合を修正。

Eddy for Nuke について

VortechsFX社が開発したEddy for Nukeは、Nuke内部で気体現象をシミュレーションするためのプラグインです。Eddyを使用すると、煙や火、そして同様のガス状の流体シミュレーションを高速でインタラクティブに操作することができ、これまでは不可能だった新しいワークフローを実現できます。