NUKE パフォーマンスプロファイリングモードについて

こちらの記事では、NUKEのコンプファイル内の処理時間等を確認することのできるPerformance Profiling モードについて、起動方法と表示される内容、XMLファイルへの出力方法を紹介致します。

Read more “NUKE パフォーマンスプロファイリングモードについて”

MARI Alembic対応について

Alembicファイルにはジオメトリ(ポリゴンメッシュや細分割したサーフェス)やカメラ、マテリアル、ライトなど、いくつかのエンティティを含めることができます。Alembicファイルは複数の異なるグループで同じアセットに取り組む際にデータを損失せずに作業することを可能にします。

MariはAlembicファイル形式に対応します。特に、単一のAlembic (.abc)ファイルで複数のジオメトリを取り扱う場合などに便利です。プロジェクトの作成またはインポート時に.obj.ptxファイルの代わりにAlembicファイルを使うことができ、独自のメッシュオプションや各エンティティに対するパラメータを設定できます。しかしながら、Mariで読み込めるのはジオメトリとカメラのみとなっており、これまで.obj.ptxファイルで作業されていた場合、いくつか考慮する点があります。

Read more “MARI Alembic対応について”

MARI 選択ツールへの簡単な切り替え方

Mariでは、よく使うツールに対してもショートカットが割り当てられています。
一般的なツールのデフォルトショートカットは以下のとおりです。

  • S – Selectツール
  • M – Transform Paintツール
  • P – Paintツール
  • U – Paint Throughツール
  • E – Eraserツール

これらのキーをキャンバス上で押すと、そのツールに切り替えることができます。ただ、Select (選択)ツールだけ、少し挙動が異なります。

Read more “MARI 選択ツールへの簡単な切り替え方”

macOS Sierraでホスト名が認識しないときの対処法

Foundry社製品のフローティングライセンスは、基本的にライセンスサーバーマシンのSystem IDに固定されますが、ホスト名またはIPアドレスも参照します。

ライセンスファイルの一行目に記述されているホスト名がマシン上で解決できない場合、以下のようなエラーメッセージが出力されます。

(rlm) WARNING: No license file for this host (*.local)
(rlm)          The hostname in the license file(s)
(rlm)          may be incorrect

もしも出力されるホスト名に間違いが無い場合は、次のいずれかの方法で解決できることがあります。

Read more “macOS Sierraでホスト名が認識しないときの対処法”

デザイン塾 × FOUNDRY ~映像制作に革命を起こすNUKEの最新事情~ 【7月21日(金)開催!】

nukedesign_creek.jpg

お申込み・詳細は以下リンク先よりお願い致します。
(株式会社クリーク・アンド・リバー社様 お申込みサイト)

お申込み・詳細はこちら

Read more “デザイン塾 × FOUNDRY ~映像制作に革命を起こすNUKEの最新事情~ 【7月21日(金)開催!】”

Mari 2 と Mari 3 のパフォーマンスとエクスポート速度について

今回は、Mariの様々なバージョンに渡るパフォーマンスとエクスポートの速度の違い、そしてその背景について説明します。

Read more “Mari 2 と Mari 3 のパフォーマンスとエクスポート速度について”