NUKE / NUKESTUDIO フレーム数やタイムコードを画像内に入れる方法

こちらの記事では、NUKE(X)およびNUKE STUDIO でフレーム数やタイムコードを画像内に含める方法について、紹介致します。

Read more “NUKE / NUKESTUDIO フレーム数やタイムコードを画像内に入れる方法”

NUKE STUDIO エクスポート part5

これまで4回にわたりNUKE STUDIOのエクスポート機能についてご紹介してまいりました。エクスポート機能は作品の出力や他のアーティストとの協業、ワークフローの管理をおこなうために重要な機能の一つとなります。エクスポート機能に関して最後となる今回はアドホックエクスポートについてご紹介いたします。アドホックエクスポートはある用途に特化したエクスポート機能です。

Read more “NUKE STUDIO エクスポート part5”

NUKE STUDIO エクスポート part4

NUKE STUDIOのExport機能はプロジェクトを管理する上で非常に重要な役割を果たします。Part4となる今回はエクスポートのトランスコーディングについてご紹介します。トランスコード機能を利用する事でソースファイルを任意のフォーマットのイメージやムービーファイルを出力できます。作業に必要なファイルフォーマットで作業をおこなう各アーティストにファイルをデリバリーできます。また、この作業はバックグラウンドで実行できますのでキューを出した後はすぐに次の作業に取りかかる事ができます。

Read more “NUKE STUDIO エクスポート part4”

NUKE STUDIO エクスポート part3

NUKE STUDIOのExport機能は単純にムービーやイメージを出力するだけではなく、プロジェクト全体を管理するために階層構造を作成したりコンポジット環境で作成されたファイルをインポートする事もできます。今回は前回に引き続きシーケンスとクリップインスタンスのエクスポートの中から、VFXトラックとコンプクリップの作成についてご紹介します。この機能を理解する事でコンポジットアーティストとのコラボレーションが、より簡単になります。

Read more “NUKE STUDIO エクスポート part3”

NUKE STUDIO エクスポート part2

前回に引き続き今回もNUKE STUDIOのExportについてご紹介します。今回はエクスポートオプションの中から、シーケンスとクリップインスタンスのエクスポートに関するプロジェクトファイル設定、Writeノード設定、トラックとハンドルについての設定について順を追ってご紹介します。より具体的な設定方法をご理解いただきNUKE STUDIOをご活用ください。
Read more “NUKE STUDIO エクスポート part2”

NUKE STUDIO エクスポート part1

NUKE STUDIOの特徴の一つに、プロジェクトの中心となりショットやシーケンスをマネージメントして、コンポジットワークを効率的に押し進める事ができる点があります。NUKE STUDIOではエクスポートのプリセット機能を利用してショットやラウンドトリップの管理をおこないます。
今回から複数回にわたりショットやシーケンスを他のアーティストに配布する際の、ショット管理とエクスポート機能を中心にご紹介します。また、タイムラインとコンポジット環境の間でCreate  Compがどのようにデータを受け渡すのかを選択するプリセットについてもご説明します。今回はNUKE STUDIOのエクスポートに関する概要やプリセットの説明、エクスポート時のバーンインやノードの追加についてご紹介します。

Read more “NUKE STUDIO エクスポート part1”