NUKE チャンネル操作について

※使用しているNUKEのバージョン:NUKEX 10.0v5

この記事では、NUKEでコンポジットを行う際にチャンネルを操作する方法と、使用例について紹介致します。この機能は、マルチチャンネルコンポジットを使用する場合や、matteチャンネルを使用した合成等に使用することができます。

 

Read more “NUKE チャンネル操作について”

NUKE カスタムのLUTをビューアに対して適用する方法

こちらの記事では、NUKEのViewer上で画像を表示する際に任意のLUTを適用する方法について、紹介致します。

01_viewerlut

この機能を使用することで、NUKE内で最終出力先の色空間で画像を表示することが可能になります。

Read more “NUKE カスタムのLUTをビューアに対して適用する方法”

NUKE トラッキングデータをRotoノードに適用する

※使用しているNUKEのバージョン:NUKEX 10.0v4

こちらの記事では、特徴点を指定してトラッキングを行うTrackerノードのデータをRotoノードに適用し、トラッキングしたデータでマスクをアニメーションさせる方法の一例をご紹介致します。

01_rototrack
Read more “NUKE トラッキングデータをRotoノードに適用する”