KATANA v3.6 新機能紹介ビデオに「使い方の動画(日本語字幕付き)」4本が追加されました。

KATANA v3.6 新機能紹介ビデオに「使い方の動画(日本語字幕付き)」4本が追加されました。ぜひご覧ください。

“2, Network Material Edit とルックファイル” と “3, Network Material Edit とマルチショット” で使用する、チュートリアルファイルのダウンロードも可能です。

チュートリアルファイルのダウンロードはこちら
COURSE FILES タブをクリックするとzipファイルリンクが表示され、クリックするとダウンロードが開始されます。

 

 

 

 

Foundry社ウェビナー『Nuke Studio for Small Business in a Remote Working World (日本語字幕入り)』が公開されました。

Foundry社ウェビナー『Nuke Studio for Small Business in a Remote Working World (日本語字幕入り)』が公開されました。

今回のウェビナーでは、VFXスーパーバイザー・リードコンポジター・オンラインエディター等、マルチな才能を持つトーマス・ウォール氏より、CM制作において、Nuke Studio だけを使用して手早くオンライン編集とグレーディングを行う方法を紹介しています。ぜひご覧ください。

Foundry社ウェビナー『CGスーパーバイザーが担う役割とは(日本語字幕入り)』が公開されました。

Foundry社ウェビナー『CGスーパーバイザーが担う役割とは(日本語字幕入り)』が公開されました。

今回のウェビナーでは、4人のCGスーパーバイザーより、CGスーパーバイザーとして求められる能力や役割等について、質疑応答の形式で様々な質問に回答しています。ぜひご覧ください。

【MODOウェビナー】MODO最新バージョン、およびテクニック集のご紹介動画が公開されました。

MODO最新バージョン、およびテクニック集のご紹介動画が公開されました。

2020年5月27日(水)に開催されたMODO Professional’s ウェビナー vol.1 「みんなに知ってほしい MODO テクニック集」で、FOUNDRY クリエイティブ・スペシャリスト 山口氏により行われた「MODO 14 ご紹介」および Orange Film 柳村 徳彦 氏により行われたメインセッションの記録映像です。

実際の制作現場で活用されているMODOの様々なテクニックを是非ご覧ください。

Nuke Skill Upセッション『Becoming a Senior Compositor(日本語字幕入り)』が公開されました。

Nuke Skill Upセッション『Becoming a Senior Compositor(日本語字幕入り)』が公開されました。

今回のウェビナーでは、Nuke VFXアーティストのコートニー・プライス氏より、「シニアコンポジターになるにはどのようなことをすればいいか」を題材に、中堅アーティストからシニアアーティストになるために必要な3つの要素(経験、ハードスキル、ソフトスキル)について説明しています。ぜひご覧ください。

Foundryウェビナー『Katana and Pixar’s RenderMan | Rendering Onward and Beyond! (日本語字幕付き)』が公開されました。

Foundryウェビナー『Katana and Pixar’s RenderMan | Rendering Onward and Beyond! (日本語字幕付き)』が公開されました。

今回のウェビナーでは、Pixar社 RenderManチームのTim氏とSarah氏より映画『ONWARD』 (邦題『2分の1の魔法』) プロジェクト、そしてRenderManについて紹介しています。ぜひご覧ください。

このプレゼンテーションは二つに分かれており、一つ目では ONWARD プロジェクトでテクニカルライティングスーパーバイザーを担当したTim氏より、PixarのライティングアーティストがどのようにKatanaとRenderManを使用したのかを紹介します。

二つ目に、RenderMan for Katana 開発担当のSarah氏より、製品概要や機能についてデモを交えて紹介しています。

Nukeセッション『Nuke workflow with Python scripting(日本語字幕入り)』が公開されました。

Nukeセッション『Nuke workflow with Python scripting(日本語字幕入り)』が公開されました。

今回のウェビナーでは、現在 Image Engine でコンポジットスーパーバイザーを務める Ben McEwan氏 より、Nukeの生産性と効率性を高めることを目的としたPythonの使用について、3つの例を交えて紹介しています。ぜひご覧ください。

Pythonを利用して、Nukeで実際に何ができるのか、そしてその知識がどのようにワークフローを改善できるのか、を理解するための参考になれば幸いです。

Katanaセッション『Lighting the future with Katana (日本語字幕付き)』が公開されました。

Katanaセッション『Lighting the future with Katana (日本語字幕付き)』が公開されました。

こちらは、バンクーバーにある3Dアニメーション&VFXスクール、CG Masters の Co-Founder & Director of Education の Nicholas Boughen氏 によるKatanaセッションとなります。

当セッションでは、CG Master での Katanaコース設立、プロダクションや生徒たちへのメリットについて紹介しています。ぜひご覧ください。

Mari ウェビナー『Photorealistic Texture Workflow in Mari (日本語字幕付き)』が公開されました。

Mari ウェビナー『Photorealistic Texture Workflow in Mari (日本語字幕付き)』が公開されました。

こちらの動画では、テクスチャアーティスト Paul H. Paulino氏 より、Mari テクスチャワークフローを紹介しています。加えてプロジェクトを進めるにあたり重要だと思うことについて触れています。

このプレゼンテーションは二つに分かれており、1つ目はプロジェクト全体の進め方に関して、2つ目はMariでファイルを開き、レイヤーベースのフローとノードベースのフローについて紹介しています。ぜひご覧ください。