Katana v3.6 に関するウェビナー(日本語字幕付き) が公開されました。

Foundry社が実施したKatanaのウェビナーに日本語訳をつけたビデオが公開されました。

Foundry社 ルックデブ&ライティングに関わる製品のマネージャー Jordan Thistlewood氏と、Katana製品開発マネージャー Gary Jones氏 より、Katanaの次期バージョンである v3.6 について説明しています。ぜひご覧ください。

Mari Learning ビデオ(日本語字幕付き)が公開されました。

Foundry Japan のYouTube チャネルに『Mari – Fundamentals and Best Practice Part1〜17』(日本語字幕付き)が公開されています。ぜひご覧ください。

Mari – Fundamentals and Best Practice(日本語字幕付き) – Youtube

Part1 テクスチャセオリー
Part2 ユーザーインターフェース
Part3 プロジェクト設定
Part4 プロジェクト構造
Part5 レイヤー
Part6 キャンバス
Part7a キャンバスへのペイント
Part7b プロジェクションペイント
Part8 イメージマネージャ
Part9 ペイントバッファ
Part10 ノードグラフ
Part11 テクスチャ書き出し
Part12 テクスチャトランスファーとクローンスタンプ
Part13 AOとTriPlanar
Part14 パフォーマンスダウン時の対応方法 1
Part15 マテリアルシステム
Part16 複数マテリアル適用方法
Part17 マテリアルインジェストツール

FOUNDRY製品のリモートワーク利用について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による深刻な状況が続く中、多くのお客様においてVPN接続やリモートデスクトップを利用した自宅勤務を実施、検討されているかと思いますが、ネットワークが不安定、合成作業時に色確認が出来ないの理由で自宅等に設置したローカルPCにFOUNDRY社製品のライセンスが必要になる場合もあると思われます。

そこで、Foundry社より、ローカルPC向けに90日間製品が利用出来る Nodelocked Activation Key をリクエストベースで発行する特別対応を取るとアナウンスがありました。

Activation Key リクエスト方法について

以下情報をこちらまでご連絡ください。
ご連絡頂いた内容を基に Activation Key 発行のためお手続き致します。

  • ご購入時に登録頂いたユーザー情報
  • ご所有のライセンス情報
  • 必要な製品名 および ご希望本数

※ご注意:
・有効なメンテナンス契約がある製品とその本数に限られます。
・メンテナンス期限が90日以内の場合はその日数が上限となります。

 

ライセンスアクティベーションの手順について

ライセンスアクティベーションの手順につきましては、以下をご覧ください。
また、以下内容をPDFにもまとめておりますのでご利用下さい。
FOUNDRY Software Activation の方法(PDF 854kb)

 

FOUNDRY Software Activation の方法

ステップ1:
Foundryアカウントの作成とサイトへのログイン

(既にFoundryアカウントをお持ちの場合にはこのステップ1はスキップしてステップ2に進んでください)

下記サイトにアクセスして「Sign up →」のボタンをクリックし、アカウント作成サイトに移動します。
https://www.foundry.com/user/login­­­

 

Foundryアカウントを作成するために必要項目を全てローマ字入力し、「Submit」します。

ステップ2:
Activation Keyの入力

アカウントが作成されましたら下記リンク先のログイン画面でIDとPasswordを入力し、ログインします。

https://www.foundry.com/user/login?destination=/licensing/activate-product

 

ログイン後に表示される下記の画面でActivation Keyを入力し、次に進みます。

ステップ3:
System IDの入力

System IDを入力するフィールドが表示されますので、ご使用になるPCのSystem IDを入力します。

 

System IDについての説明ビデオ:
https://learn.foundry.com/licensing/Content/tutorials/2_systemid.html

YouTubeの設定(歯車アイコン)にて「字幕」を「日本語」にすると日本語字幕が表示されます。

 

FLU(ファウンドリ・ライセンス・ユーティリティ)のダウンロード先はこちら:
(Win)http://thefoundry.s3.amazonaws.com/products/licensing/releases/8.1.3/FoundryLicensingUtility_8.1.3.exe

(Mac)https://thefoundry.s3.amazonaws.com/products/licensing/releases/8.1.3/FoundryLicensingUtility_8.1.3.dmg

ステップ4:
ライセンスがメールで送られてきます。

ライセンスがメールで送られてきます。青色でハイライトされた部分がライセンスです。

 

FLU(ファウンドリ・ライセンス・ユーティリティ)を起動し、上記のライセンスコードをテキストフィールドに コピー&ペースト してインストールします。

 

エラーが発生した場合は、エラーメッセージが表示されますのでその指示に従ってください。(よくあるエラーは、MacOSでディスクへの書き込み権限がないために発生するものです。エラーメッセージの指示に従い、管理者権限で再インストールするとエラーが解消されます。)

正常にインストールが完了すると、下記画面の様にご利用可能なソフトや有効期限の確認ができます。

ステップ5:
製品のインストール

下記サイトより必要な製品をダウンロードして、ソフトウェアをご使用ください。

https://www.foundry.com/product-downloads

以上となります。

 

また、先日 2020年3月19日にアナウンスのあった内容も以下に再度掲載致します。

【FOUNDRY製品のリモートワーク利用につきまして】

FOUNDRYは、新型コロナウイルスの感染拡大防止にともない、リモートワークに取り組むアーティストの皆さまを支援すべく、通常は一度しかご利用いただけないTrial for Free(トライアル)のご利用履歴を今回特別にリセット致しました。過去にご利用いただいた方も30日間トライアルをご利用いただけます。

以下リンクの「Try for free」をクリックし、必要事項をご記入の上、申請してください。
https://www.foundry.com/trial-and-buy

日本国内においてVPNを介してお客様のライセンスサーバーにリモートアクセスし、製品をご利用いただく事もライセンス規約上問題ございませんので、フローティングライセンスを所有されているお客様はお試しください。
https://support.foundry.com/hc/en-us/articles/360012621519

 

その他、Foundry社製品ライセンスに関しまして、ご不明な点やご質問がございましたらこちらまでお問い合わせ下さい。

Nuke 12 がリリースされました!

NUKE 12 のリリースが、発表されましたのでご案内致します。タイムライン再生エンジンを大幅に改善し、よりインタラクティブなユーザーエクスペリエンスを提供します。また、360°動画用の新しいGPU加速型ノードとプラグインを搭載しました!

 

Read more “Nuke 12 がリリースされました!”

次期macOS Catalina 10.15との互換性について

macOSユーザーへの重要なお知らせ

Foundry社の大切なお客様に、来月下旬にリリース見込みのmacOS Catalina (10.15)におけるFoundry社製品の互換性に関連する重要な情報をお知らせいたします。

Apple社が新バージョンのmacOS上で動作する全てのアプリケーションに対する署名要件の厳格化を発表したことをご存知かと思います。弊社はこれらの新しい要件に合致するべく措置を講じており、非互換性については、macOS Catalinaのリリース後に弊社製品の今後のバージョンで対処する予定ですので、ご安心ください。

影響がある製品:

  • Colorway
  • Flix
  • Mari
  • Modo
  • Nuke Family*
  • Nuke製品群

macOS Catalinaへアップグレードされますと、弊社製品の旧バージョンは開けなくなってしまいますので、ユーザーの皆様には現在対応済のmacOSバージョンのままご使用いただくことをお勧めいたします。ご不便をお詫び申し上げますとともに、新しい情報が入り次第ご案内申し上げます。

* Apple社は、NukeがいくつかのQuickTimeコーデックに対応するために依存しているQuickTime Helperを含む32ビットアプリケーションに対するサポートも削除しました。これにより、残念ながらmacOS Catalina上ではNukeの全バージョンは動作不能になってしまいます。この場合は、お客様にはアップグレードされないようお勧めいたします。

Nuke & Hiero 11.3v4 リリースノート

リリース日
2019年5月2日

 

認定オペレーティングシステム

  • macOS High Sierra (10.13) または macOS Mojave (10.14)
  • Windows 7 または Windows 10 (64-bit)
  • CentOS 6 または CentOS 7 (64-bit)

他のオペレーティングシステムでも動作可能ですが、テストは十分に実施されていません。
Read more “Nuke & Hiero 11.3v4 リリースノート”

Eddy for Nuke 2.3.0 がリリースされました

新機能

  • バウンディングボックスを階層的に精密に、または粗くするためのE_CreateGridBoundsノードを追加。
  • フィールドサンプリング基準を通して個々のバウンドを取り除くE_PruneBoundsノードを追加。
  • チャネルをChannelSetに結合させることができるE_ChannelSetを追加(例えばキャッシュへの書き込み)。
  • E_SunSkyがオゾン吸収に対応。太陽が低いとより青い空を表現します。
  • E_SunSkyのパフォーマンスを向上。
  • ビューアツールバーに[Reset]ボタン、エレメントに[Reset Tree]ボタンを追加。

バグ修正

  • 上流ノードの描画が評価問題の原因となっていた不具合を修正。
  • Viewerプロキシ解像度をE_Imageノードと組み合わせて使用した際に発生していた不具合を修正。
  • CUDAバージョン確認を修正。
  • CameraTrackerノードによってログ出力が無効となっていた不具合を修正。
  • キャッシュノードの実行問題を修正。
  • 元に戻す操作ができなかった不具合を修正。

Eddy for Nuke について

VortechsFX社が開発したEddy for Nukeは、Nuke内部で気体現象をシミュレーションするためのプラグインです。Eddyを使用すると、煙や火、そして同様のガス状の流体シミュレーションを高速でインタラクティブに操作することができ、これまでは不可能だった新しいワークフローを実現できます。